G's Academy Tokyo

Game Development / Glowth Hack / Global Perspective / Geeks Generator

COLUMN

【後編】Skyland Ventures 木下慶彦氏が語る
「起業したいと思った人がまず最初にやるべきこと」

2015.09.03

DSC04397.jpg
Skyland Ventures 木下慶彦さんへのインタビュー企画。
前回は、「【前編】Skyland Ventures 木下慶彦氏インタビュー|VCから資金調達するメリット・デメリットとは?」にて、木下さんの起業の背景と起業家がベンチャーキャピタル(VC)から資金調達することのメリット・デメリットについて聞きました。

後編では、「実際に起業したい人はどんなことから動き始めれば良いのか?」「そもそも起業の魅力とは?」について、木下さんに聞いていきます。

kinoshitay_sq.jpg木下 慶彦さん
1985年生まれ。早稲田大学理工学部卒業後、インキュベイトファンドなど2社のベンチャーキャピタルを経て、2012年8月(当時26歳)にSkyland Venturesを創業し代表パートナーへ就任。投資先はトランスリミット(BrainWars)、八面六臂、カウモ、ラフテック(CuRAZY)などがある。2015年からはグローバルスタートアップイベント #SVFT、渋谷のコワーキングスペース #HiveShibuya などをスタートしグローバルスタートアップエコシステムの構築を強化している。


■ まずは名著『起業のファイナンス』を読め!

DSC04369.jpg

起業したいという思いはあるのに、なかなかその一歩が踏み出せないという人は多いと思います。そういう人たちは、まずどんなところから動き始めれば良いのでしょうか?

 

木下さん:

まずは、『起業のファイナンス』という名著を読むことがとても有効です。たしか僕が大学を卒業して、ベンチャーキャピタルの仕事を始めた1年後くらいに出版した本だったと思います。(2010年出版)

 

僕は、学生時代に起業本・VCの実務本・上場企業のファイナンスに関する本などを30〜50冊くらい読みました。起業家の本、例えばサイバーエージェントの藤田さんやホリエモン、ソフトバンクの孫さんの創業ストーリーなどもいろいろと読みましたね。

 

ファイナンスの本などはアカデミックだったり小難しくなっていたりするものが多く、逆に起業家のストーリー本はその人個人の話が中心に書かれています。なので、実際にVCやファイナンスに関する"実務的"な本って、すごく少ないんですよ。『起業のファイナンス』は、その中で良い意味で業界に衝撃を与えてくれた特におすすめの一冊です。

 

だから、起業したいという人には、まずこの本を読むように言っています。起業をすると実際に起きることがよく書いてあります。最初はわからないことがたくさんあるのは理解できるんだけど、「よくわかんないです!」ってただ質問してくる人には、「まず一回読んでから来て! それでもわからなければ質問して!」って思いますね(笑)

 

そして、本を読んだりして調べたことがあれば、僕はそれをTwitterやブログで発信することを薦めています。「起業したいから資金調達について調べてみた」っていうブログ記事を書いている人がいたら、僕は絶対見ますから。他にも関係者が注目してくれるんじゃないでしょうか。

 


■ Twiiterをやってキッカケを増やせ!

DSC04382.jpg

『起業のファイナンス』を読むこと以外にも、起業する人がまず初めにしておくべきことはありますか?

 

僕はTwitterをもっと利用することを薦めていますね。特に若者、学生であればなおさら。

 

気になる社長やVC関係の人を一気に100人くらいフォローして、ファボ(お気に入り登録)やリツイートをしまくるんです。僕も、会ったことはないけどTwitterでファボし合っていて、お互いに知っている関係の人が結構います。そういうのが僕は結構大事だと思うんです。

 

Twitterで絡んだ後は、すぐにオフィスに遊びに行くと良いと思います。Twitterで気になる人のツイートに全部ファボしていたら、絶対に相手の記憶に残りますよね。そうすれば、オフィスに遊びに行って実際に会わせてもらうことだってできると思います。

 

僕もそういう感じで人に会うことが結構あります。最初のキッカケは、ノリがいいのがまず一番です。学生なら特に、選んでいる場合じゃなくとにかく連絡をとって会いに行くこと。どのスタートアップのどの社長から会いに行くのがいいかなんて、考えても僕らでもわからないから。

 

Twitterをやることは「会いたい人と会えるキッカケになる」だけでなく、思いもよらない縁をもたらすこともあると木下さんは言います。

 

僕がTwitterをやっていて一番投資先に喜ばれているのは、「人」の紹介です。この業界ではVCがVCを紹介することはよくあるんですが、メンバーの紹介はなかなかしていません。

 

僕はサービスや事業をドライブするのは「人」だと思っているので、Twitterで人を紹介できることはすごく重要だと思っています。Twitterをやっていると気軽に絡んでいけるし、先程も言ったように何度もフォボしたりすれば記憶にも残りやすいので、すぐに繋がったり繋げたりすることができます。

 

DSC04386.jpg

これまでには、実際にTwitterを介してたくさんのマッチングがあったそう。

 

例えば、『カウモ』の創業メンバーになった大学生は、元々リクルートでアルバイトをしていた子でした。僕がTwitterのプロフィールで見て、「ちょっとカウモのオフィスに遊びにおいで」と言ったら社長と気が合っちゃって、その日からずっと働いています。

 

他にも、Twitterプロフィールに「アプリ開発」「エンジニア」って書いてある子がいて、「お、エンジニアなのかな?」と思ってオフィスに来てもらったんです。その子は「自分はエンジニアです!」って言うんだけど、「どこかで働いてたの?」と聞くと「僕は働いたことはありません! でもエンジニアです!」と(笑)

 

話を聞いていくと「プログラミングキャンプに3ヶ月間行ってきて、自分はエンジニアとして生きていくんです!」と言う。

 

彼には、自分に対する良い意味での"決めつけ"があったんですよね。エンジニアになれるかどうかの差って、「自称エンジニアです」って言えるか言えないかの差だったりします。それはVCも起業家も同じだと思います。彼は、今ではうちの投資先で半年ほど働いていて、今や十分戦力になり始めていますよ。

 

Twitterをキッカケとした繋がりはこれだけでなく、ひょんなことから縁に発展するケースが多々あるそう。たくさんの人を巻き込み世界を変えていく起業家なら、その繋がりのキッカケを逃してしまうわけにはいかないですよね。


■ 起業の魅力は、世界の見え方が変わっていく毎日を過ごせること

DSC04416.jpg

最後に、改めて木下さんに「起業の魅力」について聞きました。

 

起業の魅力は、やっぱりたくさんの人と会えることですね。もちろん事業内容にもよりますが、起業家同士ってすごく仲が良いケースが多いです。

 

普通に会社で働いていると、どうしても交流関係はそのチーム内などに閉じていく傾向にあると思うのですが、スタートアップは関係性が「広がる」ケースが多いと思うんです。

 

自分の会社や友人の会社が成長していくと、見えてくる世界が変わってくる。自分自身も変わっていきます。変化し成長していく人たちと一緒に毎日を過ごせるのは、すごく刺激的で気持ちがいいのです。

 


■ さいごに

DSC00593.JPG

前編・後編の2回に渡ってSkyland Venturesの木下慶彦さんにお話を伺いました。
今回のインタビューの場である #HiveShibuya では、週1回程度でイベントを開催したり、朝メンタリングという起業や事業の発展について話し合う場を開いたりしています。起業を考えている方はぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか?

起業、そして新しい世界が始まる第一歩になるかもしれませんよ。


ライター:中岡 晃也
編集:LIGMO

さらに読み込む

Entry説明会に申し込む

入学をご希望の方に向けて、学校説明会を実施しております。
フォームからお申し込みください。無料・完全予約制

説明会に申し込む

Information基本情報

名称
ジーズアカデミーTOKYO
募集コース
週末集中型 DEVコース
フルタイム総合型 LABコース
授業会場
G's ACADEMY TOKYO BASE(表参道)
東京メトロ 表参道 徒歩3分
TEL
03-5413-5045
FAX
03-5413-5046
メール
info@gsacademy.tokyo
運営会社
デジタルハリウッド株式会社
住所
〒107-0061東京都港区北青山3-5-6
青朋ビル2F
G's ACADEMY TOKYO BASE 2016年6月表参道(徒歩3分)にOPEN!